メインメニュー
八幡浜工業高校とは
同窓会

2018年4月5日(木曜日)

美術部 トリックアート制作

カテゴリー: - 2914 @ 16時27分08秒

美術部で、「どーや市場」さんから依頼されたトリックアートを制作しました。

八幡浜港近くの「みなっと」内にある、新鮮な魚をあつかう「どーや市場」が、この4月15日に5周年を迎えます。

記念イベントとして制作を依頼され、初めてのトリックアートに挑戦しました。依頼テーマはサザエをストーンにしたカーリングです。

魚市場なので鯛や太刀魚が飛び出てくる様にして、画面の奥では八幡浜のゆるキャラ「浜ぽん」がたこにつかまっていますが、

さすが浜ぽん、持ち上げられてもちゃんぽんはこぼさず持ちこたえています。

今回の制作、1年生で画面の大まかな部分を描き、魚などは2年生のS君とW君が描写力を発揮。

2年生は春休みを返上して朝から晩まで、終盤は体力も尽きて気力だけで描き切りました。

魚好きのS君も、さすがに当分は魚の絵は描きたくないそうです。

途中、南海放送の「もぎたてテレビ」の取材がありましたが、ピュアな工業男子は美人のアナウンサーがまぶしくてしどろもどろ。

取材の様子は4月8日(日) 11:45〜 南海放送「もぎたてテレビ」の番組内で紹介されるそうです。

作品は4月8日に「どーや市場」近くに展示される予定です。

art20180401_1.jpg 

                                

                                

OLYMPUS DIGITAL CAMERA          

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

               

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2017年11月27日(月曜日)

総合文化祭 美術部

カテゴリー: - 2914 @ 10時19分04秒

先日行われた第31回愛媛県高等学校総合文化祭の美術・工芸部門で、2Mの嶋津君が「川底」という作品で奨励賞を受賞しました。

紙粘土で作った2匹の鮎を封入樹脂で固めて、川底近くで泳いでいる様子を切り取ったように表現する意欲作です。

制作の途中で上半分の樹脂にひびが入ってしまい、土壇場で失敗か、とも思われましたが、ひびの入った部分を釘と金槌で彫刻的に彫りだしていくことで、あたかも鮎が渓流を上っていき、水音まで聞こえるような作品に変身しました。ピンチを見事な機転と努力で(工業祭の朝まで徹夜して彫っていたとか)切り抜けた作者の執念の逸品です。総文祭当日も、どうやって作ったのかいろんな人に聞かれていました。お客さんの中には、本物の鮎を閉じ込めていると思った人もいるほど、リアルな作品です。

 

                                                                                                  art11-22-4.JPG art11-22-5.JPG 


2017年11月7日(火曜日)

工業祭の準備中

カテゴリー: - 2914 @ 14時24分56秒

今年も工業祭(11月11日土曜日)に向けて、美術部で「工業男子の男前ゴム銃」の材料を制作中です。

今回で4回目のゴム銃制作コーナー。毎年来てくださるお客さんもいて、ご好評いただいております。

ドライバーでねじを締めるだけで完成しますので、小さいお子さんでも組み立てられます。

しかも名前を英字で刻印いたしますので、どこにも売ってない一品に。しかも無料。

限定?100名分の材料を、美術部員が全力で準備をしています。

工業祭当日は、美術室でレコードを真空管で聴きながら、自分で作って遊ぶ昭和の子供のひとときを楽しんで下さい。

                                 

                                 

 


2017年10月30日(月曜日)

美術部 工業祭ポスター制作

カテゴリー: - 2914 @ 07時46分32秒

今回も工業祭のポスターを美術部が制作しました。最近はあまりはやっていない、昔ながらのシルクスクリーン印刷で1枚1枚印刷します。

木枠にシルク(テトロン)を張り、図柄を切ったカッティング原紙を貼り付けたものが版になります。

版の下に紙を置き、版の上にインクを置いて、スキージという大きなへらでインクを通します。原紙の切り抜いた所はインクが通り、切り抜いていない所はインクが通りません。

昔の「ガリ版印刷」、「プリントごっこ」、輪転機印刷(学校の印刷機)、Tシャツのプリントと同じ原理です。

30年ほど前までは、どの学校でもポスターを美術部員がシルクスクリーン印刷することが多かったのですが、パソコンとプリンターの普及で最近ではほとんどスクリーン印刷することがなくなりました。

八幡浜工業高校では、5年前からバラ展と工業祭のポスターをシルクスクリーン印刷しています。原版の制作や印刷に手間がかかったり、2版以上だと図柄が微妙にずれたりして歩留まりが悪いですが、顔料インクのしっかりした発色と、何よりみんなで作っているという実感と体験は、何ものにもかえられません。もの作りにこだわる八幡浜工業高校は、ポスター印刷にもこだわっています。今では貴重な?本物のシルクスクリーン印刷のポスター、街中で見かけたらぜひ近寄ってインクのでこぼこ感などあじわってみてください。

                                                                

                                                                


2017年10月18日(水曜日)

えひめ愛顔の子ども芸術祭

カテゴリー: - 2914 @ 14時39分56秒

 10月14日(土)えひめこどもの城にて「えひめ愛顔の子ども芸術祭2017」の表彰セレモニーがあり、

本校美術部4名が参加しました。夏休み中の創作合宿(8月18〜20)に参加し、廃自転車で作った

「ムンクin the ベーダー」が奨励賞を受賞しました。

   当日のイベントには中村知事も出席され、飛び入りで踊られたり、墨絵アーティスト茂本ヒデキチ氏の

墨絵ライブアート、各種団体の音楽演奏など盛りだくさんで、楽しいひと時でした。本校の実物大恐竜骨

格も近くのステージに堂々と展示されており、来園者に驚きと感動を与えていました。

奨励賞受賞者は、1年 津田、三好、尾神、田辺の4名です。

 

 

2017101801_1.jpg


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress